在籍確認とはどんなもの?

ローンなどに申し込みをすると、原則として申し込み先の金融機関による在籍確認が行われます。在籍確認とは、いったいどういうものなのでしょうか?在籍確認とは、ローンの申し込み者が申告した勤務先で本当に働いているかどうかを確かめるものです。在籍を確認するものですから、電話に直接申し込み者が出る必要はありません。不在という返事であっても、働いていることは分かりますので、在籍確認は完了します。また別に連絡事項などがあるときは、申し込み時に記載しておいた連絡先に電話やメールで知らされることになるでしょう。

とはいっても、やはり勤務先に金融機関から電話がかかってくるのは、少し気になるという方も多いでしょう。基本的に在籍確認は金融機関名では行いません。「○○サラ金です。」と名乗って電話をすることはないのです。担当者の個人名で電話をかけてきます。そしてその電話で申し込み内容の確認などを行われては困るのなら、かけ直してもらうように伝えればよいのです。会社などでは誰かに借入のことを知られてしまうのでは?と気になりますが、これならまず心配する必要はなさそうですね。

それでも、在籍確認が気になるという場合は、モビットのように書類による在籍確認の方法があるローンに申し込むのもよいでしょう。モビットでは、申し込み方法が二つあります。WEB完結という方法なら、電話連絡なしでメールのやりとりで借入までの手続きを進めます。また、郵便物もなしで、ローンを利用できるようになるのです。勤務先へも原則として電話連絡は行われません。モビットが指定する月数分の給与明細を提出することで、在籍確認となるのです。WEB完結申し込みをするのなら、条件を満たしておく必要があります。

申し込み前にはとても気になってしまう在籍確認ですが、実際のところはかかる時間は数分程度、あるいは自分では知らないうちに終わっていたということもあります。金融機関は申し込み者の返済能力を確認する必要があるため、必ず行われるプロセスです。在籍確認ができないと、ローン審査には通らないということになってしまいます。どうしても気になる場合は、モビットのWEB完結申し込みを選ぶとよいでしょう。
サラ金の金利比較|即日融資も可能なおすすめ大手サラ金はこちら