全身脱毛、ミュゼとエタラビを比較してみた

全身脱毛と言えばミュゼとエタラビ。この両者、何が違うのか、具体的に比較していきます。
まずは脱毛方法です。ミュゼはS.S.C.脱毛といって光とジェルの相互作用を利用した方法、エタラビは一般的なIPL法で、どちらかというと前者の方が痛みが少ないといわれています。また全身脱毛の値段ですが、後者、エターナルラビリンスの方が1年だけ通うとなると安いです。
また、全身脱毛する上で忘れてならないのがキャンセル料です。生理中の施術NGというサロンが多いので、突然生理になった場合はキャンセルしないといけません。前者は生理中でもVIO以外の脱毛は自己判断で可能と生理不順の方でも安心な上、突然キャンセルでも無料、しかも無断キャンセルでも罰則がないのに対して、後者は当日キャンセル罰金1000円、無断キャンセル2000円となっています。前日の夜9時までに連絡を入れれば罰則はありませんので、予定が変更になった場合は早めの行動を心掛けることです。
全身脱毛は少なくとも1年は定期的に通うものです。そのためサロンの雰囲気やサービスもかなり重要になってきます。どちらもサービスは素晴らしいですが、エタラビの方がその質が良いといわれています。というのは使用するガウンやタオルなどのリネン類は高級ホテル仕様でもちろん1回使い切り。いつもふかふか気持ちよいタオルに癒されながら施術を受けられます。またエターナルラビリンスのいいところが剃り残しのシェービングが無料な点です。ミュゼでも背中など自分での処理が無理な部分のシェービングは無料ですが、腕や足など自分でできる部分の剃り残しは処理してもらえませんで注意です。
http://zenshindatumou-cute.com/